• 宗旦三笠山画賛
  • 錐呉器茶碗 銘蒼海
  • 祥瑞筋兜香合
  • 唐物柿茶入銘椑柿
  • 乾山笹絵山道形盃

宗旦三笠山画賛 又玅斎・淡々斎箱 表吉 軸先一閑

宗旦三笠山画賛

縦 133.5cm  横 28.3cm

利休の孫で千家中興の祖と称される第三世の千宗旦(1578~1658)が奈良の春日大社後方にある三笠山について書いた掛物です。歌は「春の色 茶のかたおりと みかさやま」と露地の戸を開けると、目に映じた長閑な春の訪れを感じさせる光景を詠んでいます。墨の濃淡を使い忠実に描かれた二山が歌と均衡して配されております。

錐呉器茶碗 銘蒼海

錐呉器茶碗 銘蒼海

高8.7cm 径14.2cm

錐呉器とは、李朝時代に南朝鮮で焼かれた呉器茶碗の一種で、見込みが錐でえぐったように深く掘られているため、この名があります。錐呉器は薄手のものが多く薄柿色の中に釉色は青味がかり、時に赤・黄の火変わりがあって景色をみせます。本品は口造りがやや歪み、錐呉器としては少し背が低くなっています。腰に高台を囲むように四ヶ所に釉を掻き落とした跡が見どころとなっております。

蒼海とは青々とした広い海をいいます。

祥瑞筋兜香合

祥瑞筋兜香合

高 5.8cm  径 5.4cm

祥瑞は中国明代末期に景徳鎮で作られた染付の茶器で、茶陶の染付の中では特に珍重されております。この香合は蓋が筋のある兜形に盛りあがっているのに対し、身の方は平ら目で丸くふくらんでいるのを基本とし、文様は織紋、宝尽し、扇面など多種多様にあります。本品の蓋は六面をなし竪筋は盛りあがり楼閣山水や花鳥文が蓋と身、共に施されております。

唐物柿茶入 銘椑柿 豫楽院書付 近衛家伝来

唐物柿茶入銘椑柿

高 6.0cm  径 7.7cm

宋から元代へかけて中国で作られた小壷を日本の茶人が茶入として転用したものの中で、形が御所柿に似ているものを唐物柿茶入といい、名物茶入の中にも茜屋柿などがあります。釉薬の変化が独特の景色を呈しており、底に疎らに飛んだ釉も見どころとなっております。銘の椑柿とは木に付いたままで熟し渋味が取れて甘くなった柿のことを指し、大正7年6月5日近衛公爵の第1回の売立目録に掲載されています。

乾山笹絵山道形盃 

乾山笹絵山道形盃

高 4.3cm 径 6.9cm

尾形乾山(1663~1743)は江戸中期の京焼の代表的名工と称され、京都の呉服商雁金屋の三男として生まれ、兄の尾形光琳から絵を学び、仁清をはじめ光悦の孫の光甫や楽一入から手ほどきを受け、絵付模様に特色を出した高雅な作品を残しました。

内外の一部にかけて白泥を化粧掛けした上に銹絵で笹の絵をバランスよく配し、口部を山道形に作り、口縁には銹絵で口紅が施されています。土見の高台内には銹絵で乾山銘が記されております。