呉器茶碗 銘山乃井

1996a608340c65488508d953f06fa647

(高 8.0cm 径 13.0cm)
呉器は1617世紀初頭に焼かれた高麗茶碗で、その名称は僧の用いた五つ一組の器や木椀の御器から由来があるとされております。

本品は腰に丸みのある木椀形で、高台は撥形に開き、外側に轆轤挽きの筋が細かく立ち、高台内はまるく滑らかに削りこまれ、浅く兜巾が立っており、小さな釉切れからなめらかな土が覗いています。目に鮮やかに映える火色の釉は総体に掛けられ、外側に一部生じた白い釉流れも面白く、雅味のある景色となっています。

勝軍木庵 秋草蒔絵棗 共箱

1996a608340c65488508d953f06fa647

(高 7.8cm 径 7.4cm)
 勝軍木庵は松江藩九代目藩主松平斉斎に知遇を得て、江戸の蒔絵師梶川清川に学んだ漆工師で、豪華な高蒔絵など、華麗な作品が多いですが、中には綿密繊細なものもあり、こちらの棗はかせて褐色を帯びた黒漆の中に秋草が金・銀粉、朱漆で色鮮やかに高蒔絵されており、華やかな中にも凛とした風情が感じられる作品で、内部は黒塗で畳付内側左に『英』の字が金粉で記されています。箱蓋表には『棗秋草蒔絵』、裏は『勝軍木庵光英』と墨書きがあり、黒文方印が押されています。田部美術館「出雲の漆工芸」所載。

織部耳付三足香炉 火屋添 竹翠箱 雁半伝来

3織部耳付三足香炉

(高 10.5cm 径 12.5cm)
 織部焼は桃山時代に岐阜県土岐市近辺で始まり主に美濃地方で焼かれました。奇抜で斬新な形や文様が古田織部の好みといわれ古くから賞翫の的となってきました。

こちらの香炉は口部と胴が丸く成形され、平らな底には三足が付き、左右に耳が配されています。上部には品よく淡い緑釉が掛けられ、胴には幾何学文が鉄絵で軽快に描かれています。焼き上がりも柔らかく、面白みのある一品です。京都で織物商を営んでいた雁金屋半兵衛の伝来となっております。

古九谷色絵瓢形徳利

3織部耳付三足香炉

(高 18.9cm 径 8.1cm)

九州肥前国で17世紀中期に生産され、豪快で華麗な装飾性を持つ伊万里焼の古九谷様式は日本色絵磁器の最高峰と目されてきました。

こちらの徳利は、胴をきりっと絞った古九谷独特の瓢形で、八角の各面には駒繋ぎと、下は葡萄の図、上は唐草文様を交互に配しています。そしてくびれた部分は回文繋ぎを巡らし印象を引き締めており、華美過ぎない愛着のわく徳利となっております。

乾山銹絵掻落芙蓉図茶碗 蓋添

5乾山銹絵染付掻落芙蓉図茶碗

(高 8.0cm 径 13.5cm)(身のみ 高 5.8cm 径 12.0cm)

光琳の弟乾山は、名工野々村仁清に陶技を学び、京都鳴滝で開窯し、閑雅な琳派風の絵付けや、ときに詩歌を賛した独自の色絵陶器を生み出しました。

本品は薄挽の赤土素地に一部白化粧をし、銹絵と染付で琳派的意匠ともいうべき芙蓉の図を描きその葉脈は掻き落されています。そして蓋摘内に乾山銘、身の高台内には爾印花押が記されます。また蓋と身に跨る句は『圓機活法』所収の芙蓉の漢詩句であり、大変味わい深い一品となっております。五島美術館展覧会出品。

  • 1呉器茶碗
  • 2勝軍木庵秋草蒔絵棗
  • 3織部耳付三足香炉
  • 4古九谷色絵瓢形徳利
  • 5乾山銹絵染付掻落芙蓉図茶碗